超参考になる株デイトレーダーの記事です!!

2007年03月06日

アノマリー投資ソフトの紹介

みるみる日経下がってますね〜、デイトレーダーとしては下げにのっかっていくところですが、初心者に毛が生えた程度のkabumaniaは恐々ちっちゃくやってます。アメリカ経済が持ち直さない限り厳しそうです。


いくつかをつなぎ売りしていたのですが、株価は最悪の16200円を目指し始めました。もうこりゃあかんですね。つなぎは撤退です。


そうはいっても、自分は今回、殆ど手仕舞っていて、被害が少なかったです。なんでそんなことができたかというと・・・・選んだ銘柄の株価がその月に上がるか下がるかわかっていたから!!



何を見ていたかというとアノマリー指標をみていたんです。







株式投資が初めての方も、経験者の方も、アノマリーってなんだかわかりますか?

アノマリーとは...
市場の変化について合理的な説明ができない現象。「アノマリー現象」とも言います。一般的に、株式市場などのマーケットにおける価格形成は、経済合理性に基づいていると言われますが、場合によっては経済合理性だけでは説明できない現象もあります。・・・・

引用:大和証券「証券用語集」より


つまり、アノマリーとは理屈ではよくわからないけれど、周期性を持って起こる自然現象みたいな物のことみたいです。このアノマリーを利用して、統計をとったものが『過去の統計から学ぶ投資指標データ』であり、これを利用する投資法が【アノマリー株式投資法】です。

しかし、これ統計がどうのこうのなんて勉強することは一切ないので安心してください。


百聞は一見にしかず。
↓↓↓

成功している人は見ていた株式投資指標【アノマリー】

posted by 株デイトレ王 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アノマリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

株式投資で気をつけること

日経上がってますね。やっぱり海外が思いっきり上げてるときは、連れて上がることが多いですので、海外の動向は見逃せないですね。


そうそう4月は日経平均が上昇した回数の確率がここ10年間で約70%ほど。上昇しやすいそうです。

4月が上昇しやすい理由として考えられるのは、前月の配当落ちによって安くなった優良株を売買する投資家の存在や新年度入りによる、機関投資家、生損保の買い付け、または運用資金増によるものだと思われます。

4月下旬になると、3月本決算の発表待ちになるため、景気がよさそうならば、株価上昇を織り込んでいってグングン上がるかもしれないし、景気が停滞しそうならば、いったん株から手を引いたほうがいいかもしれないです。

景気がよさそうかどうかというのは経済の指標をみることになるのですが、例えば、工作機械メーカーの銘柄ならば機械受注に注目しないといけませんし、百貨店株ならば、全国百貨店売上高というものが指標を参考にします。


しかし、5月がゴールデンウィークであること、決算発表を控えている月であることを考えると、不透明な事態が起こったときのリスクを考えて、自分は積極的に売買したいとは思えないです。おそらく機関投資家もそう考えて調整してくるでしょう。

本格的に買っていくのは、アノマリーからすると決算発表後の5月からがいいのかもしれませんね。(現在は買えそうもないですが・・・)

したがって、4月の下旬から、株に手をつけるのは
ちょっと怖いなって思ってます。

しかし、この話、デイトレードをする方にはあまり関係ないかもしれないですね。
posted by 株デイトレ王 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アノマリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

4月に株式投資で気をつけること

日経爆下げですね。やっぱり海外が思いっきり下げるときは、連れて下がることが多いですので、海外の動向は見逃せないですね。


4月は日経平均が上昇した回数の確率がここ10年間で約70%ほど。
上昇しやすいそうです。

4月が上昇しやすい理由として考えられるのは、前月の配当落ちによって安くなった優良株を売買する投資家の存在や新年度入りによる、機関投資家、生損保の買い付け、または運用資金増によるものだと思われます。

4月下旬になると、3月本決算の発表待ちになるため、景気がよさそうならば、株価上昇を織り込んでいってグングン上がるかもしれないし、景気が停滞しそうならば、いったん株から手を引いたほうがいいかもしれないです。

景気がよさそうかどうかというのは経済の指標をみることになるのですが、例えば、工作機械メーカーの銘柄ならば機械受注に注目しないといけませんし、百貨店株ならば、全国百貨店売上高というものが指標を参考にします。


しかし、5月がゴールデンウィークであること、決算発表を控えている月であることを考えると、不透明な事態が起こったときのリスクを考えて、自分は積極的に売買したいとは思えないです。おそらく機関投資家もそう考えて調整してくるでしょう。

本格的に買っていくのは、アノマリーからすると決算発表後の5月からがいいのかもしれませんね。(現在は買えそうもないですが・・・)

したがって、4月の下旬から、株に手をつけるのは
ちょっと怖いなって思ってます。

しかし、この話、デイトレードをする方にはあまり関係ないかもしれないですね。
posted by 株デイトレ王 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アノマリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。