超参考になる株デイトレーダーの記事です!!

2006年10月10日

出来高

出来高は相場を押し上げるエネルギーみたいなもの。これが少なければ、はっきりいって上げ続けることは難しい。買い方のエネルギーが足りなければ、(買い方が少なければ)利益確定や、空売り勢を吸収できずに上値を抑えられる事になる。つまり、株価は落ちていくのです。

逆に、株価が下落しているときに、最後の投げ「セリングクライマックス」で出来高が急増する事がある。この現象がみられたからといって、すぐに買うのはためらわれるが、その後、出来高を伴って、陽線でもでれば、底を確認ということで出動してもよいのでしょう。

出来高だけで売買するような本もでてますので、機会があるときにご紹介いたします。
posted by 株デイトレ王 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資のルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

外国人投資家の動向

外国の株価をみたら次は、外国人投資家の動向も見てみましょう。

現在では株取引の25%程度が外国人投資家になってきているそうです。したがってこの人たちが市場に参加してくれるかしてくれないかで、市場に入ってくるお金の量が随分変わってきてしまいます。

市場に常にお金が入ってこなければ、株価も上がることはないのですから、「日本市場は魅力的だ」と思っていてもらいたいものですね。

具体的に動向を探るのに、取引開始前に外国証券12社経由での注文状況をみることができます。注文が売り買い差し引いて買い越しになっている場合は、株価にとってよい材料となる傾向が強いです。

また、東京証券取引所が毎週発表してますが、「投資主体別売買動向」も見てみると、海外投資家の売りが強いのか、買いが強いのか分かります。

海外投資家の動向だけで株価が決まっているわけではないのですが、参考程度として見ておくと現在の日経をとりまく環境などが見えてくるのではないでしょうか。

posted by 株デイトレ王 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資のルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

海外市場の動向

海外市場の動向はどうなっているのか?これいっ〜〜〜つもテレビや新聞でいってますよね。でも、その通りだったり違ったり、全然当てにならんなぁ・・・と個人的に思います。

が、信用できるのが一つだけ。それはシカゴマーカンタイル先物市場の日経の株価ですね。ここが大暴落すれば、ほぼ確実に次の日の日経は暴落してます。

まあ、日本の株価と海外の株価は連動性があって、ダウ平均やナスダック総合指数が上下するから、日本の株価も上下するというのは、業界では当然のように思われている節があります。ですから結局、素直に乗っかってもいいかもしれません。

だって株は「美人投票」ですから・・・


posted by 株デイトレ王 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資のルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

信用買い残と信用売り残

信用取引とは証券会社から株券や購入金額を借りて行う取引。通常目一杯使えても担保金の3倍までではないかと思います。通常は6ヶ月までに決裁をしなければいけない取引なのですが、最近では無期限のものも出てきています。

信用取引って、お金借りているから金利がつくんですね。まあ、1〜3%程度だと思いますが、6ヶ月で決裁しなければならないならまだしも無期限の取引はちょっと注意が必要だと思います。損切りできないうえに、金利も上乗せですからね。何年も塩漬けした日には、とんでもないことになりますよ、絶対。よーく考えて取引しましょう。

信用買い残とは何かというと、信用取引で買い建てたまま未決裁状態のものをいいます。逆に売り建てたまま決裁されていないものが売り残です。

つまり、信用残は将来の需給を反映しているものと考えられます。
だから、買い残が多ければ、将来の売り圧力になりますし、反対に売り残が多ければ、将来の買い圧力になるのです。

今までは信用取引は、6ヶ月に強制決済をしなければならなかったので、株価の高値から6ヶ月くらいで少なくとも、売り圧力は大分解消されるのを確認できたのですが、現在は難しいかもしれません。


posted by 株デイトレ王 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資のルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。