超参考になる株デイトレーダーの記事です!!

2006年10月13日

株価の決定要因

株は短期的には、需給だけで動いています。すなわち、買いたい人がどれくらいいて、売りたい人がどれくらいいるかで決まるのです。
しかし、中期的にはファンダメンタルズの反映された株価へ落ち着いていきます。

投資理論的には株価があがるには一株当たり利益(EPS)が拡大するか、金利が低下するかということになります。
現在日本の金利は今年10月〜12月に向けてゼロ金利解除を実行、つまり金利が上昇するかもしれません。
金利が上がれば教科書的には日経はさがるのでしょうが,いままでのゼロ金利自体、異常事態であっただけに、
「よい金利上昇」を株価は歓迎するかもしれません。

昨年は何を買ってものびていくような相場でしたが、今年は企業の業績をしっかり見極めて買っていかないと難しそうです。
posted by 株デイトレ王 at 05:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 株価は何できまるのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ようやくUSEN株価は、長い調整を終わった。今はUSEN株価は底を堅いです。USEN株価は底入れつつある。これからUSEN株価は底を固めつつある。USEN株価は底を離しつつある。
Posted by プロ at 2008年10月11日 21:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18484699

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。